「頑張る」って何?

ブログではお久しぶりの白石あやです!

コロナで自粛になり、お家で暇だなあと思う人は少なくないと思います…

なので、よかったら空いてる時間にでもこのブログを少し読んでくれると嬉しいです🌟

私事ですが最近、光栄なことに様々な方と関わる機会が増えてきて、その度にいかに自分の視野が狭かったのか、無知だったのか、というのを痛感することがあります。ですが、日々自分の知らないことなどを「学習」できていることに私は恵まれているなあと思うことが多いです。

その度に「もっと私も頑張ろう!」と思い、その時は日頃よりモチベーションも高くなります。外見を磨こう、1人の人間としてもっと成長できるようになろう、と自分なりに努力をします。

でもふと、「頑張るって何だろう?」と考えることがあるんです。たしかに、自分なりに勉強だって、外見磨きだって、頑張ります。しかし、最初は「私、頑張ってる!偉い!」と思えていても、その「頑張り」というのは、日々続けていると自分の中で「当たり前」「義務感」という気持ちになってきてしまい、自分が本当に頑張っているのかすらわからなくなってしまう時ってありませんか?

例えばとっても欲しいバッグがあるとします、喉から手が出るほど欲しい、そしてやっとの思いで手に入れることができた。その瞬間って言葉にできないくらいに幸せだと思うんですよね。でも、使い続けているとあんなに自分の中で輝いていたのに、今となってはそこらへんのものと価値が同じようになってしまい、あの時の嬉しさとか幸せってなくなってしまうと思うんです。

話は戻りますが、その欲しかったバッグと先程書かせていただいた「頑張る」についての話って原理が同じな気がします。つまり、何事も続けていると飽きたり、価値がわからなくなったり、前よりもネガティブな方向になってしまうこともあるのではないかなと思います。だから「頑張る」って続けられないことが多いんですよね。

なので私が最近行っていることは、些細なことでも自分をとっても褒めることです。

例えば、ご飯を食べて食器を片すこと、当たり前ですがそれだって偉いんです。ちゃんと朝起きて出勤の電車に乗るだけでもう100点満点なんです、「電車に乗るなんて当たり前」「出勤するなんて当たり前」なんて思わないでください。それだけでもう偉いんです。その後夜まで仕事をする、これって本当に大変なことなんです。その事を毎日当たり前にこなしている皆さんは本当に凄くて、価値がある100点以上の存在なんです。

なのでちゃんと全部自分を褒めて、認めてあげてください。全部当たり前だと思っていてもそれは立派な「頑張り」なんです。

それができたらきっともっと自分を好きになれるのではないでしょうか?

私の尊敬している方も仰っていました、「最後まで自分を大切にできるのは自分だけ」だと。

その通りなんですよね。まずは自分が1番自分を大切にしてあげることが重要なんだと思います。

なのでよかったら皆さんも、日々の自分を褒めてあげてくださいね。たっくさん自分を可愛がってくださいね。一緒に自分のペースで頑張っていきましょう✨

また長々となってしまい申し訳ありません🙇‍♀️

読んでくださってありがとうございました!

白石あや