しあわせなこと


おはようございます(*^_^*)篠原未希です✨

皆さんは自分のことを考えられる時間はちゃんと取れていますか?✨(*^_^*)


私は極端なことを言ってしまうと、



「死ぬときはしあわせだったと言って死にたい」

自殺願望が、あるわけではないのですが、
ある人にこれを言われてからずっと忘れられないのです。


その人は、白髪の老人で小学校によく朗読をしに来てくれていました。まだ低学年の私は朗読の時間図書室で聞いていました。


優しい人で、
その人に私は何かを訪ねて、

その答えが、

「死ぬときはしあわせだったと言って死にたい。だからこうしてみんなとお話ししに来てるんだよ」

その言葉がどうしても忘れられず、
大人になってやっとその意味がわかりました。

人生を一生懸命に生きること。
人生で自分がしあわせだと感じられることをいくつも覚え、知り、探し、

その先に、しあわせになる意味を、自分のしあわせを探せた人こそ幸せになれる。
老人にとっては当時朗読と子供達との話が幸せの架け橋になったのでしょう。

あなたはどんなことが幸せだと感じられる人生ですか?✨


「まだ死ねない」


そう思うという事はまだまだやりたいことがあるはずです✨

目標こそ、生きる幸せの第一歩だと信じて。


未希