傷ついたガラス玉

こんばんは

宮地琴乃です。

近頃なかなかブログを更新できていなくてごめんなさい😢💦

すこし落ち着きを取り戻しつつあるので書きためたブログを更新できたらと思います。

あまりかけていないにもかかわらず、見てるよって言っていただけるのがとても励みになります☺❤いつも本当に有難うございます(ノシ´•ω•`)ノシ

 

 

さてさて、先日部屋の掃除をしていたら小さなビー玉が出てきました。ビー玉なんていつぶりに見たかしら。なんて思いながら光に透かして見ると小さな傷がたくさん入ってて。

まるで人の心みたいだなあなんて、(唐突ですが)思いました。

誰しもこころに傷を負っていて、完璧に透き通った心を持つ人って少ないと思います。

長く生きれば生きるほど、

頑張ればがんばるほど、

小さな小さな傷が無数についていくんだと思うんです(´;ω;`)

けど、それが当たり前だと思うから傷を傷だと気付いていなかったり、傷とも感じていなかったりするのではないかな。

けど、傷を見て見ぬ振りしてるとそれが亀裂になっていってしまうかもしれないんですよね。

傷だと気づけば、癒すことができます。

気づかなければそのまま。

亀裂がはいって、こわれて、バラバラになってから初めて気づく人もいるかもしれません。何においても遅すぎることはないと信じていますが、修復には時間がかかると思うんです。

ガラスについた傷って自然治癒しませんよね

人のこころもそれと一緒でではないかな。

だからこそ小さなうちに傷に気づいて欲しいし、自分の傷と向き合うことを恐れないで欲しいなと思います😌😌

ガラスの傷は、磨けばまた美しく透き通るように、人の心も、誰かと触れ合い、癒すことで少しずつでも傷はおさまっていくのではないかな。

みなさまの心の傷が、すこしでも減るお手伝いができたら嬉しいです。

 

 

宮地琴乃