好きって楽しい

こんばんは

宮地琴乃です。

今日用事があって池袋に行ったんです。作業したいことがあったので電源とWiFiの使えるカフェを探してて。

友人にどこか心当たりがないかと聞いて教えてもらった場所に向かうと明らかに違う。

なんかベイブレードカフェみたいなのがある。

待て待て私はWiFiと電源が欲しかったんであってベイブレードを闘わせに来たんじゃない。

くるとこを間違えたかな……なんて思ってましたがスタッフのお姉さんに確認すると間違いないとのこと。

まあいいかなんて思い入店すると中はさながら闘技場

あっちこっちからぎゅるるるるるという謎な音が

ベイブレードって私が小学1年くらいのときにすごく流行っていた気がするんですが、私自身触れたことはありませんでした。15年ぶりくらいでしょうか、久しぶりに目にするとすごくかっこよかったです。

ごつごつしていろんな色があって、かと思えば色の組み合わせで印象も違ったり。

たくさん種類があるんだなあなんて思いながらお店を見回しているとお仕事帰りと思わしきスーツ姿のお兄さんたちが楽しそうに駒を闘わせていました。

(駒を戦わせるという表現が正しいのかはわからないのですが)

詳しいルールとかは全くわからないながらも、勝敗がついて、お兄さんたちが一喜一憂されていることはなんとなくわかります。

引いた目で見たら、いい大人が……なんて思われる場面かもしれませんが、眺めているだけの私にとっても、すごく楽しい時間でした。きっとお兄さんたちはもっと楽しいんだろうなあ。

1日頑張ってお仕事された後に思い切り好きなことに熱中するなんて、とってもステキ。

特に今日は木曜日、あといちにちウィークデーがあるという憂鬱な日の夜をこんな風に楽しく過ごせるなんて、花金、なんてものよりよっぽど贅沢だと思います。

 

大人になるにつれ、子供の頃に熱中したものから離れることになる方も多いとおもいます。

 

いい大人になって恥ずかしい、

子供じゃあるまいし、

いつまでそんなことしてるの、

 

そんな言葉が、あなたと好きなものの距離を離そうとしてくるかもしれません。

あるいは、自分自身で

そろそろやめなきゃなあ、なんてかんじたり。

 

でも、そんな言葉に何の価値もありません。

いいじゃないですか、

好きなんだから。

私は恋愛において好きになったら相手が誰であれ、世間体とか関係性とか年の差とか関係なく好きでいいと思ってるんですがそれと一緒です。

好きなことに年齢制限なんてないし大いに楽しめばいいと思います。大人になったからこそ打ち込める楽しさだってあると思うんです。

ベイブレードを闘わせてるお兄さんたちはとっても楽しそうでした。

みなさまは最近、好きに没頭できる時間を持ってますか?

趣味がなんだったか忘れたなんてくらい忙しい方もいるかもしれませんね。

そんな時は子供の頃好きだったことに一瞬だけでも没頭してみてはいかがでしょうか。

 

 

楽しそうなお兄さんたちの姿になんだか私まで元気をもらってしまいました。

では、

 

琴乃