新しい門出に、はじめまして。

こんにちは、宮地琴乃です。


四月に入ってはやくもふつかめ、いかがおすごしですか?

今日から新入生、新社会人の方々も多いとのこと、
私も昨日知らないうちに四年生になってました。
大学生を名乗れるのも最後の一年。さみしいですねぇ(´・ω・`)

 

まだ学生の身分の私にどんな言葉を言ったところで、というところですが、新しい環境というのはいつだって楽しみ半分、不安半分なものだと思います。


きらめくような理想も、黒い靄に包まれているような不安要素も、どちらも真実だと思います。


理想と違ったと肩を落とすような出来事も、思ったより大丈夫かもと希望が見える出来事も、たくさん起こると思います、

 

けど、忘れないで欲しいのは人間生きてるとプラスマイナスは必ずプラスになるようにできてると思うんです。

だから、初めてのことを精一杯楽しんでいただけたらと思います。

 

どんなできごとも半分の現実でしかありません。
自分に降りかかってきたどんな不幸なことも、見方を変えると、とてつもなく幸福なことかもしれません。

たくさんの方々にとって、幸多き門出となりますように。

 


とまあこんなことを書いておきながら、ぬるっと気がついたら4月が始まってしまったので正直あまりフレッシュな気持ちではないのが正直なとこです。
みなさまはいかがでしょ?
フレッシュなまっさらな気持ちでむかえていらっしゃいますか?

 

学生の方も、社会人の方も、新しいはじめましてが多く起きる時期ですから、そういうことに対してワクワクする人ならいいにせよ、人見知りだったり、そもそも人付き合いが苦手な方からしたら


もうこれ以上はじめましてをしたくない!!!
脳内フォルダをこれ以上増やしたくない!!


って叫びたくなりませんか。

そんな方からしたらけっこうつらい時期ですよね、4月。

わたしも緊張しいだったり、はじめましてがべらぼうに苦手なのでその気持ち、とてもわかります。

まあこのお仕事をさせていただいているからか、人よりもはじめましてをする機会は多い方だと思いますし、

お仕事に関してははじめましてが楽しみで仕方ないなんてメンタルにまでこぎつけたんですが、それはごく最近のこと。
新入生歓迎会期間はこの3年間毎朝頭痛と吐き気に襲われていました。それくらい、本当にはじめめしてが苦手です。

克服したなんて偉そうには言えませんが、それでもどんなはじめましてでもそれなりにお話ができるようになった(と思いたい…!)私の、なんとか出したはじめましてに対するヒントや答えを答えを、時たまブログに書いていけたらと思います。

すこしでも、何かみなさまのヒントになれば幸いです。

では今日はこの辺で😌💓


宮地琴乃