星野ゆめの頭の中

 

こんにちは♪星野ゆめです💫

 

みなさまいつも、頭の中で何を考えていますか?

なにでいっぱいになっていますか?

 

私はいつも、

「空想と妄想」でいっぱいです💫

 

写真、風景からの妄想

非現実的な空想

 

たとえば、

雨の日🌧

 

学生の頃に描いた物語があります

 

七夕の日にしか織姫と彦星が会えないのと同じように、

雨の日に、ある青年がひとりの女性に出逢い恋をした物語

しかし彼女は恋心を抱いてしまうと

この世界にはいることができない

ただ唯一、雨の日に会うことができる。

 

他にも、季節のことや

空気、音、目に見えるもの全て

いろんな空想や妄想が繰り広げられます

 

ここからは、今までで1人にだけ

話したことのある私の感性

 

あまりぴんとこなかったり、

変なのって単純に思うかもしれません。

 

唐突ですが

みなさんは、今視ている「色」が

みんな同じように視えていると思いますか?

私は物心ついた時から

ずっと不思議に思っていました。

 

人間ひとりひとり、全く違う考え、捉え方、見方、感性をもっているのに

視覚は同じってことはあるのかな

私が認識している「青」の色は

誰かが認識している「赤」の色かもしれない

理屈ではないんです。

ただそう思うんです。

 

私の視界の、視えていない部分で

何が起きているのか

本当は視ている部分しか景色は存在しないんじゃないか

私が「生きている」というのも嘘で

長い夢を見続けているんじゃないか

 

こんな考えが止まらないんです。

この考えを唯一話したことのある人は

高校の先生でした

先生は、第一印象から

不思議な人で、話してみたら

なぜかわかってもらえるような気がして

唐突に、先生に質問したんです。

「先生、これ、なに色に視えますか?」

先生は、私も同じことを考えていたと

言ってくれました。

それからは立場上は「先生と生徒」

なのですが

「仲間」や「同志」の方が馴染みます。

 

実はその先生とは、

卒業したあとも連絡をとり、

お食事に行くくらい

親しくさせていただいてました

最近はお互い連絡もとらなくなって

一年以上会っていないのですが…

 

ただ、

同じような感性をもっていたとしても

それも全く同じではないので

いろんな人の感性に触れるのが好きです

もっと知りたいんです

何を思って、何を考えて、何ををどう視ているのか。

 

私とお話することがあったら

ぜひ訊かせてください

あなたの頭の中を教えてください

些細なことでもいいんです

それが私にとって

とってもたのしいことなんです(*´˘`*)

 

 

ゆめ💫