理解されないこと。

 

 

誰にだって“理解されないこと”というのはあると思います。

理解してほしくて、共感してほしくて、そういった話をする時、自分自身も勇気がいると思います。

この話をして大丈夫なのか。

話すことによって嫌われる、または嫌な思いをさせてしまうのではないか。

空気を悪くするのではないか。

今までのように話すことはできなくなるのではないか。

 

様々な思いがあると思います。

 

それを理解し受け入れてくれる人と

理解せず受け入れない人。

 

理解してくれる人は、同じ状況に陥っていなくても、その人の気持ちを汲み取ってくれます。そして、自分自身を受け入れてくれます。

理解してくれない時。自分を否定されたように感じてしまいます。

 

私の場合は“男の人が苦手、怖いこと”

以前にも書きましたが、お友達に言った時に理解してもらえなかったこと。

ただ共感してほしかった。

こういうことを悩んでいるんだって知っていてほしかった。

でもお友達は、

「なにそれ可愛こぶってるの?」

「メンタル弱いだけじゃないの?」

「どうせ大したことないんでしょ?」

と言います。

 

確かにメンタル弱いって言ってしまえば

それで片付けられると思います。

私がもっとしっかりしていれば

もっと強ければ、こうはならなかったのかもしれない。

でも、人間って脆い生き物でしょ?

誰かに認められないと、誰かに支えてもらわないと生きていけないものでしょ?

それに、強さ弱さは人それぞれだと思います。

それは育った環境や周りの人間、性格や感性でも違ってきます。

 

なので否定された時、本当に苦しかった。

心のどこかで、この人なら受け入れてくれるって信じていた部分があった。

それも含めて私の抱えていることを受け入れてくれなかったので

もう誰にも言うのはやめようと、その時に自分の中で誓いました。

 

この時、一言だけでいいから、

男の人が苦手なんだね、今まで辛かったよねって。

共感してくれるだけでよかった。

それだけで救われて

それだけで肩の荷がおりた。

 

理解してほしいなんて

そう私が思うのも、相手に求めすぎたのかな。私が悪かったのかな。