ラピュタにあるゴンドアの歌と私が思う自然の世界

こんにちは✨篠原未希です(*´꒳`*)

皆さんは、車の運転はしますか?✨

私はすきですよくドライブに行くのですが、

まだ免許を取って一年半ではありますが、


よく地方に行きます✨

地方に行くと、好きなのは時間がゆっくり流れている感覚と、

人がいっぱいいないこと。

自然がたくさんあること。

畑や、森、山、川、

普段東京にいて過ごしていると忘れそうな、

空気感や、自然の力に癒されているような感覚になります✨(*´꒳`*)

みんなは自然や、山や、畑、川などは好きですか?✨


自然に触れると、ストレスホルモンの低下や、心臓や肺が元気になったり、
フラストレーションが減少する傾向にあるみたいです。

自然の中にいるときは、何もかも忘れて
リラックスできる最高の場所な気がします。

なにもないかもしれないけど、
なにもないことが逆にいい。


恵まれすぎていることより少し不便なくらいのがいいのかもしれないなと最近は感じることも多いです。

私が好きなアニメの映画ラピュタでも、

「ゴンドアの谷の歌にあるもの
土に根を下ろし風と共に生きよう
種と共に冬を越え鳥と共に春を歌おう
どんなに恐ろしい武器を持っても
沢山の、かわいそうなロボットを操っても
土から離れては生きられないのよ!」


というセリフがありますが、

本当にそうだなと感じずにはいられません。

そう感じるからこそ、地方に出かけるのかもしれないですね✨(*´꒳`*)

未希