ドリーと障害

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんばんは篠原未希です(*^_^*)

 

今回は映画のお話しなのですが、

 

昨日金曜ロードショーでは「ファインディングドリー」が公開されました

ネタバレになるので気をつけてくださいね(*^_^*)

 

私は初めて見たのですが、

障害を持った‬キャラクターたちが、

一生懸命生きる姿を描いています。

‪ドリーは健忘症‬
‪ニモは生まれつき片方のヒレが小さく‬
‪ディスティニー(クジラ)は目が悪い‬
‪ハンク(タコ)は足が一本なくて‬
‪ベイリー(シロイルカ)は自信がない‬

‪キャラには生まれてきて障害を持ってても、

もしくは生きていくうちに障害を持ったとしても

前向きに生きていく‬


‪経験や両親に教えてもらったことを一生懸命覚えて

信じること。

 

また、周りの人たちが大切な人を生きていくのに守るためにいっぱい支えようとする心

 

皆さんもいろんな自分に欠落している部分を見つけたとして、

そこを責めたり、恥じたりするのではなく、

あなたらしく生きて欲しいと思います。

私も病気であること、学校に行けてなかったことを恥じて周りに言えていなかった時期がありました。

 

でもその経験を生かして、

今ではこのお仕事で皆さんの力になれたらと思い

辛いことや、生きることの今と意義と、

 

幸せに近づくためのお手伝いができたらと思っています(*^_^*)

 

まずはみなさんのお話を聞くところから始めてみますね。

お会いしたときにはきっと色んなお話の中で、

答えが見つかりますように(*^_^*)