世界は幻なのかもしれない

こんばんは(*´・ω・)ノ

 

みなさんは「世界は幻なんじゃないか」って考えたことはありますか??

というのも、私たちは誰もが目を閉じたら何も見えなくなりますよね。

この世界は私が目を開けているときだけ存在していて、目を閉じてるときは何も存在してないのかもしれない。

物も人も全部あたかも存在していたかのような素振りをしているだけかもしれない。

 

きっと一度は誰もが考えたことがあるのではないかなと思うのですが、

このお話って人間が自分の脳でしか世界を見られないからでてきたことだと思うんです。

人間は、目で見て耳で聞いて脳で理解することしかできないから

その脳が誤作動を起こしてるって言われたら確かめようがないと思うのです。

 

けど、それってプラスに考えたら

自分の脳がハッピーだったら世界もハッピーだということなんですよね。

 

自分がどれだけ人から否定されたとしても、

辛いことがあったとしても、

自分が自分のことを好きだと思ってたら

何があってもすごく幸せでいられると思うんです。

 

私の今までの人生(特に学生時代)、人から否定されることの方が多い人生だったと思います。

同性、異性関係なく

人から「好き」だと言われたり、

「かわいいね」って言ってもらえることなんてなかった。

 

一度、自分に自信がなくなると

自分を好きになることってなかなか簡単にできることじゃないから難しいですよね。

 

そんなときは、

「自分はこれだけ努力したんだから」とか

「自分にはこれがあるから」とか

自信を持てるものがひとつでもあれば、意識が変わるんじゃないかなと思います。

 

それは、何でもいいと思うんです。

自分が成し遂げられたときに得られるものがあること。

 

たとえば

お仕事だったり、資格だったり、試験だったり、

外見で言うとしたら、お洒落や髪型やお化粧を研究したり。

 

人から見たらどんなに小さなことだったとしても

自分にとって成し遂げられたなら素晴らしいと思います。

 

「今日は何時に起きられた」とか

「外に出ることができた」とかそんなことでもいい。

私は、ひきこもりだったころ、

これだけでも大変なことだったので

その小さな積み重ねで人は大きく変わることができると思うから。

 

 

みんなはゼロからのスタートだったとして、

自分はマイナスからのスタートだったとしたら

プラスにするのはとても難しいことです。

(私自身もマイナスからのスタートでした)

 

けど、最初は無理にプラスになろうとしなくてもいい。

マイナスからゼロまでを埋めようと思うだけでいい。

 

そもそも人と比べる必要なんてなくて、

比べるなら過去の自分と比べることが大切だと思います。

 

人からどう言われたり思われても

「自分がこれでいいんだ」

「自分は幸せなんだ」そう思える自信ってとても大切なんですよね。

 

人から好かれたい。人から認められたい。

きっとそう思う人は多いと思います。

もちろん私もそうです。

 

けど、何よりも、

幸せになるために必要なことって

自分が磨いてきた自分を認めてあげること。

 

「もっとこんな世界だったらいいのに」って思うこともあるかもしれないけど

世界を変えることはできません。

 

けど、自分の意識が変われば

自分の世界や周りの世界は変わると思います。

 

世界には数えきれない人たちが居て、

その中で自分として生まれてきたこと。

自分に自信をつけて、自分の考えを変えることで

自分の意識次第で人生は変わるということです。

 

私は過去の自分と比べてずいぶん変わったと思っています。

 

でも、そんなことを言ってる私自身も

まだまだ自分の容姿だったり、中身だったり

コンプレックスから抜け出せていなくて

ネガディブになって考え込んでしまうこともたくさんあります。

なので、よかったら一緒に頑張りませんか…?

 

りほ