モテることと仕事ができることは比例するのか

こんばんは

宮地です。

 

モテる男性なんてのはいろんなジャンルがありまして女性の趣味趣向も様々ですよね。

ジャニーズ系、三代目系、ジェンダーレス系、爽やか、セクシー、硬派系etc…

なのでこのジャンルの男性がモテるとは一概には言えないと思いますが、

仕事ができるという男性を嫌いな女性はいないように思います。

まあ何をもってしてできるかという話にもなりますが。

先日そのことを強く実感する出来事があったのでブログにしておこうかなと思います。

さて、最近わたくし、やたらと旅行本を見ることが多くてですね。

何故かと言うと卒業できるか怪しい身分のくせに、卒業旅行の計画を着々と立てているからです。

ぜっったいに行きたいのがNYだったのですが、なにぶんお友達が少ないので、

もっと言えば海外旅行に一緒に行けるようなお友達は片手に収まってしまうほどしかいないので1人でも行くつもりだったのです。

しかし浪人時代からの親友が

 

NYええよ別に。いっしょに行こ。

 

というコンビニに行くくらいのテンションで同意してくれたので1人旅ではなさそうです。

そうと決まれば旅行会社へ。

そこで今回の本題、

モテる男性は仕事ができるのか

という話を。

 

 

話は少し過去に遡りまして、前述とは違う親友と、別の旅行代理店に旅行の相談に行った時のことをはじめにお話ししなければなりません。

 

 

私たちの引きが強いのかなんなのか、何度訪れても男性で年配の方にあたるんです。

女性スタッフの方の方が明らかに多いのに。

そしてこちらの希望を伝えるとほとんど『無理ですね』の一言。

💄2週間弱くらいを予定していて

と伝えると

👨🏻そんなに長く行く人はいない。普通は8日間くらいだ

💄添乗員さんはつけなくていいです

👨🏻学生同士の出会いもあるので添乗員付きの方がいい(支離滅裂な思考、発言。出会い求めてるなんて私たちは一言も言ってない😇)

💄同じ条件で旅行した先輩からこれくらいの予算だったと聞いたのですが…

👨🏻そんな格安で行けるなんて聞いたことない

……と、我々になんの恨みが

というレベルで全て打ち砕かれる始末。

外資エアラインでいきたいと伝えたにもかかわらず見積もりを赤い日系航空のもので出してきたりとなかなか凄まじいおじさんに三連発で当たりまして。

やだなんか愚痴っぽくなっちゃった。(てへぺろ)

最終的に三人目のおじさんに

👨🏻あのねえ、安全性、価格、日数全て揃った旅行なんて存在しないの。学生旅行なんだから贅沢言わずにどれかは妥協してもらわないと。

 

 

と呆れ顔で言われてしまいまして。

 

ちなみにお三方とも、ご自分の目の前にあるパソコンで一切何も調べたり比較などはせず我々の持ってきたパンフレットを眺めてダメ出ししてくださいました😇

最終的に普段本当に穏やかな親友を、

それのコーディネートするのがあんたらの役目でしょうが!!!!!!!!

仕事しろ!!!!!!!!!

と激怒させる始末。

 

こういう時にわたくしは全く役に立たないので親友ブチギレでめずらしくなだめ役に回ってました。

 

 

まあでも、学生相手だからかもしれませんが明らかに手を抜いていらっしゃるご様子。

おそらくご覧になっていることはないと思うので本音で言わせていただくと

この人仕事できないんだろうなあ……

 

と小娘2人に感じさせてしまう方々でした。

この旅に関しては激怒した親友が

若い女性の、話のわかる方に変えてくださいと直談判したおかげで希望通りの旅になりそうなので事なきを得たのですが。

 

と言うか全く条件を譲らなかったにもかかわらず担当がお姉さんになった途端希望のプランを組んでくださるあたり担当の方の引きってとっても大切なのだなと感じさせられました。

 

 

長くなりそうなので続きます。