あなたを嫌いな人へ仕返しするただ一つの方法

タイトルにある通りですが…

 

なんだと思います?

 

『嫌われる勇気』なんて本が大ベストセラーになりましたが私は嫌われる勇気を持つことよりももっと簡単な方法を知っているのであの本は読んでいないのですが…

 

あれだけ売れたのだから教養として読むべきなのでは…と感じつつも今この瞬間にでも素晴らしい名作が世界中で生まれてると考えるとどうしても後回しになってしまいます。

 

嫌われないに越したことはないですよね。

わたしだって刺されたくはないですもの。

ふわふわーっと他人とかかわって誰からも愛されるならそれより良いことはないでしょう。

けど、自己をきちんと持てば持つほど嫌われるなんてことも往々にしてあります。

または三角関係で目の敵にされた、昔のけんかに根を持たれている、そもそも性格の不一致なんてのもあり得ます。

 

自分の努力で何とかしようと相手に歩み寄っても余計嫌な顔をされるだけ。

 

じゃあどうすればいいんでしょうね。

 

距離を置く?連絡を絶つ?第三者に仲介してもらう?

 

けど同じ職場だといやでもかかわらなければならないし、お友達同士のことならほかの人に迷惑がかかるかもしれないし・・・

そう考えるとなかなか最善策とは言えないのではないでしょうか。

 

最善でシンプルな答えは一つ、

 

あなたが幸せになることです。

 

そもそも嫌いなら放っておいてくれればいいのに、そうはいかないことってありますよね。

ことあるごとにいやな気持にさせてこようとする人はいます。

何故なのでしょうか。

 

少し、想像してみてほしいのですが

好きな人がいたら、その人の幸せが自分の幸せになりませんか?

それを逆説的に考えてみてください。

 

嫌いな人ができたら、そのひとの幸せは自分の不幸になるんです。

もっと言ってしまえば、嫌いな人の不幸は自分の幸せなんですよ。

 

まあ、低俗な人間だなと思いますけどね。

 

だからこそ、あなたのことが嫌いな人はさらにひどいことをしたり、あなたがさらに不幸になるように仕掛けてくるわけです。自分が幸せになるから。

 

ここまで言えばお判りでしょうか?

嫌いな人に仕返しをしたいなら、あなたが幸せになることです。

 

ふられた昔の恋人に復讐する方法は、その相手よりうんと素敵な相手と幸せになることなんだそうです。

 

その人の幸せというのは人それぞれですから、私には何があなたを幸せにするのかはわかりません。

 

だから、私に言えるのはここまでです。

嫌われることに対して不幸だと感じるなら、それは相手の思うつぼ。

自分の幸せに目を向けて、自分が幸せになることだけを考えましょう。

 

一切の手をよごさず復讐する完全犯罪の出来上がりです。

 

 

 

 

宮地琴乃