あなたはちゃんと怒っていい

 

 

怒れない方っていらっしゃいますよね。

それは気が弱いことが原因だったり、私も悪いところがあったし…と考えてしまうからかもしれません。もしくは自分が怒って相手を傷つけたらどうしよう、相手に悪気はないかもしれないし、とか。

 

要は、優しいんでしょうね。

 

私はあんまり声を荒げて怒ったりすることはないのですが、割と、怒るほうだと思います。

 

割と起こるほう、なんていうととてつもない怒りんぼのように聞こえてしまいますね…笑

なんていうのが正解なのかな…

 

自分を守るためにきちんと怒る

 

が近い気がします。

 

一方的に傷つけられた心なんてのは簡単には修復しません。

怒るというのはある意味防衛本能だと思います。

 

 

もちろん、ただやみくもに怒ったり機嫌が悪くて、なんてのは論外ですよ。

ただ、言葉を交わしていて相手にすごく不快な言葉を投げつけられた経験というのは誰しもあるのではないでしょうか。

 

 

昔、おそらく本人に悪気はなかったのでしょうがものすごく傷つくことを言われたことがあります。

「これを言われたら相手はどう感じるか」

これを考えられない人は驚くほど多いです。

 

だからこそ、言われて嫌なこと、表現を使われたときはちゃんと相手に伝えるべきだと思うんです。それが怒ることだと私は思います。

こんなひどいことを言われた、悲しかった

そう感じるなら、あなたにはそれを相手に伝える権利があります。

その権利を放棄するなら、そう扱われること、そんな言葉を投げつけられることを受け入れたということだと思うのでそのことに不満を言うべきではないと思うんです。

 

むかし、私を軽く見ているんだろうな、ということを言ってくる方に、

何が嫌なのか、どういう言葉を使ってほしくないのか

ということを伝えたところ

「精神的に参っているんだろう、一度カウンセリングを受けたほうがいい」

なんて最高に馬鹿にした答えが返ってきたのでひと通り言いたいことをお伝えした後にその方とのおつきあいを一切やめたことがあります。

怒るという選択肢はコミュニケーションを始めた段階で全員にあたえられたカードのようなものだとおもいます。

自分の身を守るためなら、そのカードをきるのはあなたの自由です。

 

あなたを傷つける人なんて、傷つけたことなんてすぐ忘れるんですよ。

 

そんなの、自分がかわいそうじゃないですか。

本当の意味で自分を守れるのは自分だけです。

 

怒ることが怖い方、その怒りはあなたの心を守るためのものではないですか?

だったら、怒ることを怖がらないでください。

 

 

あなたを守れるのは、あなただけですよ。

 

 

 

宮地琴乃