幸せ配達人なので。

こんにちは

宮地です。

何事においてもそうなのですが、何かをするためにモチベーションと言いますか、目的って必要だと思うんです。

仕事に対するモチベーションならやりがいや自己実現、もちろん生活するために必要ですからお金、

勉強に対するモチベーションなら将来の夢や学歴、

趣味に対するモチベーションはもっとその分野に詳しくなりたいとか、なんかそんな感じではないでしょうか。

ここ最近、

じゃあ、私がこの仕事をするモチベーションってなんだろうってすごく考えるようになりました。

そこがぶれていて、というか見失っていた感は否めないです。

去年の今頃の私は、とにかく負けたくないというか、上の成績を出したい、認められたいという思いがありました。

成績で一喜一憂して、びっくりするほど落ち込むこともありましたし、自分の何がダメなんだろうと悩んだり。

あの頃の私には、レンタル彼女という仕事しかありませんでした。

生活の中心がそれで、友人関係なんかは二の次だったように思います。

じゃあ、今は何をモチベーションにするのかと問われれば私はみなさまに会うことをモチベーションにしたいなと思います。

去年の私は、自分の成績を1つでもあげることがモチベーションでした。

けど今は、私に会えてよかったと思ってくださる方がいることの方がよっぽど私の中で自分を高める理由になっています。

あと、もうひとつ。

最近お会いしたとあるキャストさんに、琴乃さんを見て、レンタル彼女になろうと思ったんです

と言われることがありました。

本当に本当に嬉しかったです。

ただ目的もなく何かを追いかけていたはずの私の背中を、誰かが見てくれていた経験なんて今までなかったのでびっくりするやら嬉しいやら……

おこがましいですが、そう感じてくださる方が1人でもいて、その選択が間違いじゃなかったと感じてくれたらとても嬉しいです。

 

 

何を隠そうほら、わたくし、幸せ配達人なので。(昔サイトにあった私の2つ名、『小さな幸せ配達人』でした。)

 

 

思えば、だれかに評価されること、言いかえれば1番になることと私の人生は密接に関係があったように思います。

では、その話はまた次回ということで。

 

 

宮地琴乃