小さきは、小さく咲かん


おはようございます、美穂です🍰

今日も暑いですね💦

皆さん、熱中症にはお気をつけてっ!!

 

さてさて、

今日は、私の好きな言葉のひとつ。

小さきは、小さく咲かん。

についてちょっとお話させてくださいっ。

小さきは 小さく咲かん
小さくも 小さきままに 神をたたえて
人 見るもよし 人 見ざるもよし
我は咲くなり

渡辺和子さんという方のお言葉です。

薔薇は美しくタンポポはそうでないとか、
そういったことよりも
今日を咲くことに意味がある。

という言葉なのですが、、

タンポポは薔薇にはなれませんが、
同じように薔薇だって、
タンポポにはなれないんですよね😌😌

金子みすゞさんの詩でも

みんな違ってみんな良い。

と言われていますし、

SMAPさんの世界に一つだけの花でも

No. 1にならなくてもいい、
もともと特別なオンリーワン

と歌われています。


桜が咲いたら春だとか。
ひまわりが咲いたら夏だとか。

目立つお花が大きく咲いているだけで
道端の小さなお花だって
精一杯根を張って、
風に吹かれても、誰かに踏まれても、
季節の訪れを報せてくれている。

彼らは、ただ必死に、まっすぐに
今日を咲き誇っているから
あんなに美しいんでしょうね😌😌

私たちも、誰かと比べたりとか
必要以上に自分を非難したりせずに
謙虚さと、ちょっとの自信と
誇りを持ちながら。
しっかりと自分の人生に根を張る。

大輪の花じゃなくても、
誰かにふと美しいと思ってもらえるような
そんな小さい花になるのも
悪くないですよねっ(*´꒳`*)

ちなみに、私の好きな小さきお花は

画像にもある

オオイヌノフグリですっ★

皆さんの好きなお花はなんですかっ??


美穂🍰